ベトナム”査証免除対象国”の解説|ビザ無し入国が可能な条件・対象21ヶ国リスト

ベトナム_ビザ免除国_vietnam-visa-extension

ベトナム社会主義共和国の査証(ビザ)免除国制度について解説します。

 

ベトナムビザ免除制度の概要

ベトナムに空路・陸路から入国する場合、特定の国のパスポート保持者は、条件を満たせば最大30日間ビザなし(無査証)入国が認められています。日本のパスポート保持者は15日間(14泊15日)のビザ免除に該当します。

一方で、中国籍など次のリストに該当しない国のパスポート保持者は、必ずビザを取得する必要があります。

観光目的で入国する場合にのみ適用される制度であり、観光ビザ(DL)の購入が免除されます。しかし、同制度を使った30日以内の再入国(通称30日ルール)、および商用目的で入国する場合はビザ免除は適用されず、ビジネスビザ(業務ビザ・DN)の取得が必須となっています。

 

ビザが免除される条件

以下の全てを同時に満たしている場合、観光ビザが免除されます。

  1. 渡航者の国籍がビザ免除対象国であること
  2. 滞在が観光目的で14泊15日以内であること
  3. パスポートの有効期限が6ヶ月以上あること
  4. 30日ルールに該当しないこと(前回、査証免除制度を使ってノービザで入国した後、一度第三国に出国し30日以内にベトナムに再入国)
  5. 第三国への出国チケットを持っていること(片道切符での入国は不可)

一方で、上記の条件を満たしてない場合はビザの購入が義務づけられます。ビザが無いと現地空港の入国審査で入国拒否になるケースがありますので、注意が必要です。

 

ベトナムビザ免除国リスト

30日間のビザ免除

以下の国は、ベトナム入国後30日(29泊30日)以内であれば、ビザなしで入国・滞在することが可能です。国際規定によりパスポートの残存期間は6ヶ月以上と定められています。

  • ラオス(Lao)
  • カンボジア(Cambodia)
  • タイ(Thailand)
  • マレーシア(Malaysia)
  • インドネシア(Indonesia)
  • シンガポール(Singapore)

21日間のビザ免除

以下の国は、ベトナム入国後21日(20泊21日)以内であれば、ビザなしで入国・滞在することが可能です。国際規定によりパスポートの残存期間は6ヶ月以上と定められています。

  • フィリピン(Philippines)

15日間のビザ免除

日本を含む以下の国は、ベトナム入国後15日(14泊15日)以内であれば、ビザなしで入国・滞在することが可能です。国際規定によりパスポートの残存期間は6ヶ月以上と定められています。

  • 日本(Japan)
  • 韓国(South Korea)
  • スウェーデン(Sweden)
  • ノルウェイ(Norway)
  • デンマーク(Danmark)
  • フィンランド(Finland)
  • ロシア(Russia)
  • イギリス(England)
  • フランス(France)
  • ドイツ(Germany)
  • スペイン(Spain)
  • イタリア(Italiana)

14日間のビザ免除

以下の国は、ベトナム入国後14日(13泊14日)以内であれば、ビザなしで入国・滞在することが可能です。国際規定によりパスポートの残存期間は6ヶ月以上と定められています。

  • ブルネイ・ダルサラーム(Brunei Darussalam)
  • ミャンマー(Myanmar)

以上、ベトナム政府指定の査証免除国について解説しました。

 

招聘状の代行取得


ベトナムの招聘状が必要な方は以下の申込フォームから受付けております。

招聘状のお申込・ご相談

関連記事

  1. ベトナムビザの”30日ルール”の解説|ノービザでの再入国は要注意!

  2. 「ベトナム無査証(ノービザ)滞在」

招聘状・申請書について探す

ベトナム入国ルール